淡路

  • 印刷
ストレッチ方法を助言する中村友梨香さん(中央)=ウェルネスパーク五色GOGOドーム
拡大
ストレッチ方法を助言する中村友梨香さん(中央)=ウェルネスパーク五色GOGOドーム

 兵庫県にゆかりを持つマラソンのオリンピアンが13日、洲本市五色町のウェルネスパーク五色GOGOドームでランニング・クリニックを開いた。シドニー大会7位入賞の山口衛里さん=西脇工高出=と、北京大会代表の中村友梨香さん=県西宮高出=が講師となり、市民ランナーらに速く走るこつを伝えた。

 世界で活躍した元選手らでつくるアスリートネットワークの「キッズドリーム スポーツチャレンジ」で市内の小中学生30人を指導。続いて、山口さんをスターター、中村さんをゲストランナーなどに迎えて14日に行われる「第5回すもとマラソン」(神戸新聞社後援)の関連企画として県内外の出場者ら約30人も教えを受けた。

 「肩甲骨と股関節を動かすと、体が温まりやすい」と中村さんは指摘し、腕を回しながらのスキップなど効果的なウオームアップを解説。また、山口さんは「ゴール後に急に止まると筋肉が硬くなる。呼吸が落ち着くまで歩いて」と助言し、反動を付けずにじわじわ筋肉を伸ばすクールダウン法も伝授した。

 2キロにエントリーする洲本市の都志小学校6年、女児(12)は「走るのに大切なことが分かった。上位を狙いたい」と話した。(佐藤健介)

淡路の最新

天気(5月31日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる