文化

  • 印刷
南構遺跡の古墳群から発見されたから円墳。中央石室に河原石が使われている=豊岡市日高町久斗(兵庫県まちづくり技術センター提供)
拡大
南構遺跡の古墳群から発見されたから円墳。中央石室に河原石が使われている=豊岡市日高町久斗(兵庫県まちづくり技術センター提供)

 兵庫県教育委員会は16日、豊岡市日高町久斗で、古墳時代からの大規模な住居群に隣接する古墳群が見つかった、と発表した。県内では発掘例がない古代の集落構造のモデルとなるという。

 北近畿豊岡自動車道整備に伴い、県まちづくり技術センターが2013年から発掘している南構遺跡で、南北約200メートル、全体面積1万5千平方メートル。これまで古墳時代後期(6世紀末~7世紀初頭)の住居跡と石室、奈良、平安時代の役人住居と推測される建物跡などが見つかっていた。

 確認されたのは直径約15メートルの円墳1基と石室5基。円墳の石室は長さ約9・6メートルの横穴式で、ほかとは異なり、床に河原石が敷き詰められていた。周辺から同遺跡では初となる鉄刀3本なども出土し、地域の権力者の墓だったとみられる。

 21日午後1時半~3時に現地説明会。小雨決行。同遺跡調査事務所TEL0796・42・4372

(若林幹夫)

文化の最新

天気(5月26日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる