阪神

  • 印刷
蛍光帽にラガーシャツ姿でバックネット裏最前列から観戦する善養寺隆一さん(左)=阪神甲子園球場(撮影・三津山朋彦)
拡大
蛍光帽にラガーシャツ姿でバックネット裏最前列から観戦する善養寺隆一さん(左)=阪神甲子園球場(撮影・三津山朋彦)
2007年夏の大会決勝戦で逆転満塁本塁打を放った佐賀北高校の副島選手
拡大
2007年夏の大会決勝戦で逆転満塁本塁打を放った佐賀北高校の副島選手
甲子園のマウンドで力投する東北高校のダルビッシュ有投手
拡大
甲子園のマウンドで力投する東北高校のダルビッシュ有投手
1998年夏の大会決勝でノーヒットノーランを達成した横浜高校の松坂大輔投手
拡大
1998年夏の大会決勝でノーヒットノーランを達成した横浜高校の松坂大輔投手

 「8号門クラブ」。高校野球ファンの間ではこう呼ばれている。会員は40~80歳代。平均年齢は70歳前後というところか。春と夏の大会期間中、全国各地からメンバーが参集し、全試合をバックネット裏の最前列や2列目で観戦する。

 試合が終わり、観客が家路に就く中、ネット裏への入場口である甲子園球場8号門前には、翌朝の開門を待つメンバーが列をなす。段ボールに折りたたみイス、蚊取り線香をたき、ビールやおつまみを口にする。

 「2時間以上、列から離れない」との暗黙のルールがあり、2時間以内に交代で、お風呂、洗濯、夕飯を済ませ、翌日の買い出しをする。午後10時過ぎ。「あすは4時起きだ」と次々と野宿を始めた。

    ○  ○

 1980~90年ごろ、8号門前に自然と集まるファンらで作られた。メンバーの入れ替えや整理もあり、4~5年前に約100人の体制が出来上がったという。会員之証には「2008年以前からの愛好者に限る」「新規加入には地区担当の推薦が必要」など会則が示されるほか、なるべく球場内ではお酒を飲まない▽汚いやじを飛ばさない▽球児を勇気づける言葉を掛ける-など順守しなければならない数々の“掟(おきて)”も存在する。

 「私たちも球児とともに戦っている」。蛍光黄色の帽子にラガーシャツとひときわ目立つ男性。通称「ラガーさん」こと善養寺(ぜんようじ)隆一さん(49)が口を開く。

 東京で印刷業を営む善養寺さんは、開幕4日前の今月2日、トレードマークのラガーシャツ約30枚を携え、高速バスで甲子園球場に乗り込んだ。

 バックネット裏最前列で初めて観戦したのは85年春。桑田真澄、清原和博の「KKコンビ」擁するPL学園の試合を見て、バックネット裏のとりこになった。

 「A列73番」。善養寺さんの“指定席”だ。99年からの連続観戦は、今夏1300試合を超えた。(尾藤央一)

阪神の最新

天気(9月1日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 0%

  • 34℃
  • ---℃
  • 0%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ