阪神

  • 印刷
境内の入り口に咲いた季節外れのコバノミツバツツジ=西宮市大社町
拡大
境内の入り口に咲いた季節外れのコバノミツバツツジ=西宮市大社町

 兵庫県西宮市の広田神社(大社町)で、コバノミツバツツジが季節外れの花を咲かせている。一般的な開花時期は3月ごろで、神社の宮司も「こんなに大量に咲くのは初めて」とびっくり。境内では7分から8分咲きとなった薄紫色の花が参拝者を迎えている。

 県天然記念物に指定されているコバノミツバツツジは、花が咲き終わった後に小さな葉が3枚重なって生えることからその名前がついたといわれる。

 同神社には少なくとも300年前から自生していたといわれ、現在は約2万平方メートルの敷地に約2万株が繁殖している。

 神社が、開花に気付いたのは12月初旬。境内入り口周辺などの約30株が、赤色に色づく葉とともに花びらを開いていた。

 同神社の西井璋(あきら)宮司(68)は「暖冬の影響で咲いたんだと思うけれど、春先はちゃんと咲くんやろうか」と不安そうに話していた。(篠原拓真)

阪神の最新

天気(5月30日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる