医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
今回のデング熱感染で想定される経路
拡大
今回のデング熱感染で想定される経路
デング熱感染者の自宅周辺で、蚊を採取する西宮市職員=西宮市内(撮影・笠原次郎)
拡大
デング熱感染者の自宅周辺で、蚊を採取する西宮市職員=西宮市内(撮影・笠原次郎)

 兵庫県の西宮市保健所は7日、同市内の女子大生(19)がデング熱に国内感染した、と発表した。ウイルスの遺伝子配列が東京・代々木公園での感染例と一致。女子大生は東京周辺を訪れておらず、同保健所は別の感染者が都内から西宮に移動し、蚊を介して女子大生に感染した可能性が高いとみている。関西で感染が推定されるのは初めて。

 デング熱はヒトスジシマカなどが媒介し、人から人に直接感染はしない。厚生労働省によると、国内感染は7日までに18都道府県で157例確認。静岡県の1例を除いて、すべて代々木公園を中心に蔓延した感染例という。

 女子大生は高熱や筋肉痛などを訴え、10月1日に同市内の医療機関を受診。同保健所の簡易検査で感染疑いがあるとされ、国立感染症研究所(東京)に確定検査を依頼していた。女子大生は入院中だが、快方に向かっている。

 9月10~16日にマレーシアへの渡航歴があるが、帰宅以降、西宮市外には出ておらず、「9月22日に複数回、自宅で蚊に刺された」と話しているという。

 同市は7日夕、女子大生宅周辺で蚊を採取し、8日に兵庫県立健康生活科学研究所(神戸市兵庫区)にウイルス検査を依頼する予定。同日朝から周辺の半径約200メートルで殺虫剤を散布する。

 西宮市保健所によると、同市内でほかに感染者は確認しておらず、「二次感染の可能性は低く、市民には冷静に対応してほしい」としている。

(斉藤絵美、前川茂之)

デング熱Q&Aはこちら

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新

天気(8月29日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 25℃
  • ---℃
  • 80%

  • 30℃
  • ---℃
  • 80%

  • 30℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ