医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
再生治療後の鼓膜。穴がふさがっている(先端医療センター病院提供)
拡大
再生治療後の鼓膜。穴がふさがっている(先端医療センター病院提供)
穴が開いた再生治療前の鼓膜(先端医療センター病院提供)
拡大
穴が開いた再生治療前の鼓膜(先端医療センター病院提供)

 先端医療センター病院(神戸市中央区)は12日、中耳炎などで鼓膜に穴が開いた患者を対象に、幹細胞を増やして再生する治療を、国内初の臨床試験(治験)として始めたと発表した。短時間の治療で済むため患者の負担が軽く、3週間ほどで穴がふさがり、聴力も改善するという。製薬企業と協力し、2017年の製造販売承認を目指す。

 鼓膜の穴の縁を切って幹細胞を活発化させ、増殖を促す薬を含んだゼラチンスポンジを穴に覆いかぶせる。スポンジを「足場」にして鼓膜が再生。スポンジは体内へ吸収される。

 従来の治療法は耳の後ろを切開しなければならず、入院が必要だった。しかし、今回の手法を使うと治療は数十分で済む。

 同病院は11~12年、臨床研究として10人に実施。別の医療機関でも200人以上に行われ、8~9割で鼓膜の穴が閉じた。治験は同病院が6人、慶応大病院と京都大病院が各7人を計画。15年の治療終了、17年の販売開始や保険適用を目指す。

 先端医療センター病院の金丸眞一鼓膜再生担当部長は「鼓膜に穴が開いた患者は国内で100万人以上ともいわれる。できるだけ早くこの治療法を届けたい」と話す。(金井恒幸)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新

天気(5月29日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 28℃
  • 15℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 80%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる