医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
ES細胞から作り、サルに移植して成熟した視細胞(緑色の部分、理化学研究所提供)
拡大
ES細胞から作り、サルに移植して成熟した視細胞(緑色の部分、理化学研究所提供)

 人の胚性幹細胞(ES細胞)から、光を感じる目の視細胞のシートを作ってサルの目に移植することに、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市中央区)などのグループが世界で初めて成功した。

 研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に近く掲載される。同グループはES細胞と同様にさまざまな細胞に分化できる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、2018年度をめどに、視細胞の異常で視野が狭くなる難病「網膜色素変性」の患者に対する臨床試験(治験)を目指す。

 網膜色素変性は国内で約3万人の患者がいるとされるが、根本的な治療法がない。グループは既に、視細胞に隣接する網膜色素上皮細胞のシートをiPS細胞から作り、目の難病「加齢黄斑変性」の患者に移植。iPS細胞とES細胞から作った視細胞をマウスに移植することにも成功しており、今回は人に近いサルに移植した。

 成熟する途中の視細胞で作ったシートを網膜色素変性のサルに移植した結果、正常な構造に成熟し、他の細胞とつながっていることを確認した。同センターの万代(まんだい)道子副プロジェクトリーダーは「人に応用できるよう、iPS細胞から作った視細胞もサルに移植し、正常に働くか確認したい」と話す。(金井恒幸)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新

天気(7月24日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ