経済経済keizai

  • 印刷
ネスレ日本が改良した業務用抽出装置「ネスカフェ ミラノ2」(同社提供)
拡大
ネスレ日本が改良した業務用抽出装置「ネスカフェ ミラノ2」(同社提供)
ドリップポッドを手にPRする吉瀬美智子さんと上島昌佐郎社長=東京都内
拡大
ドリップポッドを手にPRする吉瀬美智子さんと上島昌佐郎社長=東京都内

 UCC上島珈琲とネスレ日本(いずれも神戸市中央区)は19日、コーヒー抽出の新型マシンを供給すると発表した。UCCは家庭用を、ネスレは業務用をそれぞれ独自に開発した。

 UCC上島珈琲は、コーヒー一杯分を包装した専用パックをマシンで抽出するシステム「DRIP POD」(ドリップポッド)を23日から発売する。女優の吉瀬美智子さんを広告に起用し、初年度は抽出マシン5万台の販売を目指す。

 高品質豆を使い、一杯ずつ丁寧にいれる「ハンドドリップ」の抽出技術を取り込んだマシンを独自開発した。業界最小サイズで、希望小売価格は1万8千円(税抜き)。専用パックは高品質コーヒーから煎茶、紅茶まで全23種類をそろえた。パックをセットするだけで、本格カフェの味を家庭で再現できる。

 上島昌佐郎社長は「入れ立て、ひき立てのコーヒー本来の自然なおいしさが楽しめる。マシンを通じ、拡大する市場をリードしたい」と話した。

     ◇

 ネスレ日本は、新しい業務用装置「ネスカフェ ミラノ2」の提供を始める。2020年までに導入店を2千店に拡大する方針で、成長性が見込まれる外食産業向けを強化する。

 同社は、カプチーノやエスプレッソなど14種類を、ボタン操作で抽出できる「ネスカフェ ミラノ」を12年に導入。手軽さが人気を呼び、全国で計420台を貸し出している。

 「-ミラノ2」は改良型。2種類のコーヒーをさまざまな比率で配合し抽出することで、香りや味わいの違う計27種類が作られるという。カフェラテなどの泡もきめ細かくし、幅広いニーズに対応する。

 また、主力のチョコレート菓子「キットカット」で、外食店専用の新商品「キットカット フォーカフェ」を発売する。チョコにビスケットを練り込んだ独特の食感が特長。大手ハンバーガーチェーンなどへの納入が決まっており、今後、取扱企業を広げる方針。

(段 貴則、中務庸子)

 

経済の最新

天気(5月29日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 28℃
  • 15℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 80%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる