経済経済keizai

  • 印刷
家族連れがくつろげるようにフードコートに登場した約30席の座敷席=尼崎市潮江
拡大
家族連れがくつろげるようにフードコートに登場した約30席の座敷席=尼崎市潮江

 JR尼崎駅北側の商業施設「あまがさきキューズモール」(兵庫県尼崎市)は2日から4月下旬にかけて順次、入居店舗を改装オープンする。2009年10月の開業以来、初の大規模改装。フードコートを増床し座敷席を設けるなど家族連れに親しまれやすいようにした。

 「COCOEあまがさき緑遊新都心」として開業後、12年2月に東急不動産(東京)が施設を購入。13年10月、名称変更した。施設周辺ではマンション建設に伴い子育て世代が増え、改装で家族連れの一層の集客を図る。

 全約140店のうち、半数を超える74店が改装する。3階の遊び場周辺に子ども向け店舗を集約した。友金聡総支配人は「毎日訪れてもらえるような店舗構成にした」と話している。

(長尾亮太)

経済の最新

天気(8月25日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ