右ボタン

神戸アラカルト神戸アラカルト神戸アラカルトnow

  • 印刷

 神戸市兵庫区・湊川商店街のファッションビル「神戸パークタウン」の空き店舗の改装工事が終了した。「神戸湊川Otonari(おとなり)」として5月下旬から順次オープンする予定で、手作りの衣料品や雑貨、食品などを販売する若者らに貸し出し、地域活性化を目指す。(初鹿野俊)

 パークタウンには服飾店などが入居するが、景気低迷や店主の高齢化などで閉店が相次ぐ。そこで店主らは隣接する湊川公園で定期的に開かれ、好評を博している「手しごと市」に着目した。

 市場には毎回、手作りの雑貨や小物を販売する女性らの店が100店近く並ぶ。「おとなり」は、青空市に出店する若者らをターゲットに、阪神・淡路大震災復興基金を活用して改装した。

 パークタウン2階の8区画(1区画=26平方メートル)を1970~80年ごろの米国の雑貨店をイメージして仕上げており、月々の賃料は1区画5万円。半区画(3万円)の契約も可能で、いずれも礼金は賃料の5カ月分。

 出店が決まった女性(36)=西区北山台=は、これまでは手作りの子ども服などをインターネット販売してきたといい、「念願の実店舗。開店費用を抑えられるのが魅力」と話した。

 パークタウンの店主らは残り7区画の出店者を募集している。サルトコラボレイティヴTEL06・4399・7055

  

神戸アラカルトの新着写真

神戸アラカルトの最新

おすすめ

明日を拓く 震災と停滞の先に
停滞が続いた日本経済は転換点に立つ。次代を見据えるトップに、復興の足取りと再生のヒントを聞く。 (明日を拓く 震災と停滞の先に)
人口減少社会を考える
日本の人口が本格的に減り始めた。急激に縮む社会にどう向き合うのか。現場から処方箋を探る。(人口減少社会を考える)
ことばの力
次々と生まれては消えていく言葉。新しい年、言葉の今を見つめます。(ことばの力)
花園よ永遠に 宝塚歌劇100年
時代を超えロマンを紡いできた宝塚歌劇団。「永遠の花園」の歩みを振り返る。(花園よ永遠に 宝塚歌劇100年)

天気(4月20日)詳しく

神戸(兵庫県南部)

  • 18℃
  • 10℃
  • 30%

豊岡(兵庫県北部)

  • 20℃
  • 6℃
  • 20%

大阪

  • 19℃
  • 9℃
  • 30%

京都

  • 18℃
  • 7℃
  • 40%
  • 各地の天気
  • 雨雲の動き
  • 警報・注意報

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる