西播

  • 印刷
連日の冷え込みで凍結した「飛龍の滝」=佐用町櫛田
拡大
連日の冷え込みで凍結した「飛龍の滝」=佐用町櫛田

 記録的な寒波の影響が少し和らいだ26日も、兵庫県の西播磨各地は厳しい冷え込みが続いた。佐用町櫛田では「飛龍の滝」が約5年ぶりに凍り付き、冷気に包まれた谷あいに幻想的な光景が広がった。

 佐用町ではこの日、午前4時に氷点下8・3度を記録。落差24メートルを誇る飛龍の滝は、先週末から徐々に凍結が進んだという。

 鋭く伸びたつららや、丸く凍ったしぶきなどが竜を思わせるような姿に、多くの写真愛好家がシャッターを切っていた。

 神戸地方気象台によると、27日は厳しい寒さも一段落し、県南部では青空が広がる見込み。姫路では予想最高気温が11度と、2月下旬並みになりそうだという。(大山伸一郎)

西播の最新

天気(6月1日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる