右ボタン

社会社会shakai

  • 印刷
スマートグリッドの実証実験設備を見学する茂木敏充経産相=23日午後、尼崎市塚口本町8、三菱電機伊丹製作所(撮影・大山伸一郎)
拡大

スマートグリッドの実証実験設備を見学する茂木敏充経産相=23日午後、尼崎市塚口本町8、三菱電機伊丹製作所(撮影・大山伸一郎)

スマートグリッドの実証実験設備を見学する茂木敏充経産相=23日午後、尼崎市塚口本町8、三菱電機伊丹製作所(撮影・大山伸一郎)

スマートグリッドの実証実験設備を見学する茂木敏充経産相=23日午後、尼崎市塚口本町8、三菱電機伊丹製作所(撮影・大山伸一郎)

 茂木敏充経済産業相と関西財界首脳との懇談会が23日、大阪市内であった。財界側は原発の早期再稼働や関西イノベーション国際戦略総合特区での規制緩和を求めた。経産相は「電力の安定供給はやっていかないといけない。特区も規制改革の中で制度改正を進めたい」と述べた。

 冒頭、関西経済連合会の森詳介会長(関西電力会長)が「安全性が確認された原発は再稼働を進めてほしい」と要望。神戸商工会議所の大橋忠晴会頭(川崎重工業会長)は神戸医療産業都市構想への支援などを訴えた。

 経産相は記者団に「規制緩和の要望が強かった。規制改革の中で変えるべきは変えていく」と話した。

 その後、尼崎市の三菱電機伊丹製作所を訪れ、次世代送電網「スマートグリッド」の実証実験設備を視察した。経産相は「エネルギーを管理し、最適化していくことが日本の大きな課題だ」と述べた。(桑名良典、末永陽子)

  

社会の新着写真

社会の最新

おすすめ

明日を拓く 震災と停滞の先に
停滞が続いた日本経済は転換点に立つ。次代を見据えるトップに、復興の足取りと再生のヒントを聞く。 (明日を拓く 震災と停滞の先に)
人口減少社会を考える
日本の人口が本格的に減り始めた。急激に縮む社会にどう向き合うのか。現場から処方箋を探る。(人口減少社会を考える)
ことばの力
次々と生まれては消えていく言葉。新しい年、言葉の今を見つめます。(ことばの力)
花園よ永遠に 宝塚歌劇100年
時代を超えロマンを紡いできた宝塚歌劇団。「永遠の花園」の歩みを振り返る。(花園よ永遠に 宝塚歌劇100年)

天気(4月25日)詳しく

神戸(兵庫県南部)

  • 22℃
  • 12℃
  • 10%

豊岡(兵庫県北部)

  • 24℃
  • 5℃
  • 10%

大阪

  • 24℃
  • 9℃
  • 10%

京都

  • 24℃
  • 8℃
  • 10%
  • 各地の天気
  • 雨雲の動き
  • 警報・注意報

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる