右ボタン

社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
洋上のいけすで元気に泳ぐバンドウイルカ=13日午前、神戸市須磨区(撮影・斎藤雅志)
拡大

洋上のいけすで元気に泳ぐバンドウイルカ=13日午前、神戸市須磨区(撮影・斎藤雅志)

洋上のいけすで元気に泳ぐバンドウイルカ=13日午前、神戸市須磨区(撮影・斎藤雅志)

洋上のいけすで元気に泳ぐバンドウイルカ=13日午前、神戸市須磨区(撮影・斎藤雅志)

 都市近郊の海でバンドウイルカを飼育する全国的にも珍しい社会実験「須磨ドルフィンコーストプロジェクト」が、須磨海岸で始まった。須磨海浜水族園(神戸市須磨区)のイルカ2頭が13日午前、海水浴場内のいけすに移された。環境に慣れれば仕切りで囲った飼育場所内に放し、悠々と泳ぐイルカの姿を無料で楽しむことができる。7月31日まで。(初鹿野俊)

 同園が初めて企画。「イルカが泳ぐきれいな海」をアピールし、薬物乱用問題などで低下した須磨海岸のイメージアップと周辺地域の活性化を図る。飼育環境の変化によるイルカの行動への影響を調べる狙いもある。

 実験場所は、須磨ヨットハーバーと離岸堤に挟まれ、網で仕切られた約9600平方メートル。同園のショープールの42倍の広さに相当するという。イルカは当初、ここの中央付近に設置したいけす(10メートル四方)で飼育するが、環境に適応でき次第、網の中の海に放す。

 飼育される2頭はいずれも推定7歳の雌のジーナとリア。トレーニングプールからトラックで岸壁に運ばれ、ボートでいけすに移された。ともに与えられたえさの魚を食べたり、ボールで遊んだりと、引っ越しの疲れも見せず、“新居”の居心地を確かめているようだった。

 砂浜には約80メートルのフェンスを立て、内側に管理小屋と観覧スタンドを置く。期間中、原則午前10時~午後4時はフェンスを開放し、スタンドから無料でイルカを観察できる。夜間は安全確保のため、いけすに戻す。

 近くの展望テラスからもイルカを観察できる(無料)。7月1日から毎日、イルカの生態などを説明する学習会を開く(予約不要、無料)ほか、インターネットでも洋上の様子をライブ中継する。同園TEL078・731・7301

  

社会の新着写真

社会の最新

おすすめ

子どもたちの戦争 学童疎開70年
 過酷な日々を送った人たちの証言を基に、70年前を振り返った。 (子どもたちの戦争 学童疎開70年)
公立高学区再編 手探りの現場から
兵庫県内公立高校の学区が2015年度から再編入試制度が大きく変わる。受験の現場を報告する。 (公立高学区再編 手探りの現場から)
社寺巡礼
 伝説や祭り、秘宝を擁する兵庫県内各地の社寺。記者が訪ね、その魅力を紹介する。(社寺巡礼)
戦争と人間 第5部 墓島の将校
「戦争と人間」第5部は、陸軍少尉として墓島で戦った西宮市の遠藤毅さんの体験を紹介する。(戦争と人間 第5部 墓島の将校)

天気(8月29日)詳しく

神戸(兵庫県南部)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

豊岡(兵庫県北部)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

大阪

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

京都

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%
  • 各地の天気
  • 雨雲の動き
  • 警報・注意報

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる