社会社会shakai

  • 印刷

 兵庫県議会の野々村竜太郎県議(47)=無所属、西宮市選出=が2013年度、豊岡市などに日帰りで計195回訪問し、政務活動費(政活費)として約300万円を支出していた問題で、野々村氏が11日、梶谷忠修議長に宛てた議員辞職願を提出した。同日中に許可される見通し。議会は過去3年度分の野々村氏の政活費について調査を進めており、同日午後の各会派代表者会議で報告し、真相解明に向けて刑事告発も検討する。(三木良太、岡西篤志)

 関係者によると、野々村氏は1日の会見で号泣する様子がインターネット上などで公開され、批判が集中したことにショックを受けている様子という。会見以降は取材に応じていないが、周辺に「タイミングをみて(辞職を)判断する」「金利も含め(過去3年度分の)政活費を全額返還する」などと伝えたという。

 これまでの議会の調査に対し、野々村氏は「間違って報告書に記載したかもしれない」と一部で誤りを認める説明をする一方で、大半について「記憶にない」などと繰り返しているという。このため議会の調査には限界があるとして、刑事告発して真相解明を進める方針という。

 野々村氏は7日に開かれた代表者会議で「説明責任を果たせない場合は辞職を求める」などの勧告文を受け、「議員辞職も念頭に置いている」と答えていた。

 同問題では、野々村氏が政活費の収支報告書に豊岡市や兵庫県佐用町など4カ所に日帰り出張を繰り返したと記載していたことが判明。初当選した11年度から同様の支出を繰り返していた。報告書には領収書を添付せず、活動内容も記されていなかったが、野々村氏は「精力的な議員活動の一環」などと正当性を主張していた。

 野々村氏は11年4月の県議選で初当選し、現在1期目。

社会の新着写真

社会の最新

天気(5月30日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 25℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる