社会社会shakai

  • 印刷

 兵庫県議会の野々村竜太郎元議員(47)=11日付で辞職=による不自然な政務活動費(政活費)支出問題で、兵庫県警が詐欺容疑での立件も視野に本格捜査に着手したことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 既に県議会事務局から野々村氏の政活費収支報告書の提供を受けており、県警捜査2課は記載内容の真偽を確認するため、関係先の家宅捜索や野々村氏の事情聴取をする方向で検討している。

 県議会は11日、虚偽公文書作成・同行使容疑で刑事告発。関係者によると、告発状では野々村氏が昨年、地元・西宮市内の県立高校の行事に出席していないのに、電車代を計上した報告内容を「虚偽事実」とした。

 野々村氏は収支報告書で、昨年11月21日、「県立鳴尾高校70周年記念式典」に出席するため、阪神電鉄の武庫川団地前‐尼崎の往復運賃360円を支出したと報告。しかし、県議会の調査で、同日はPTAの会合のみが開かれ、野々村氏は招かれず、出席していなかったことが判明したという。

 捜査2課は今後、野々村氏の口座を調べ、受け取った政活費の支出状況を確認。豊岡市など遠方を日帰りで訪れたとする交通費の支出について、現地に捜査員を派遣するなどして虚偽報告の有無を調べるという。

社会の新着写真

社会の最新

天気(5月29日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる