社会社会shakai

  • 印刷
笹井芳樹氏が遺族に宛てた遺書や遺族のコメントについて話す中村和洋弁護士=12日夜、大阪市北区西天満1、大阪弁護士会館
拡大
笹井芳樹氏が遺族に宛てた遺書や遺族のコメントについて話す中村和洋弁護士=12日夜、大阪市北区西天満1、大阪弁護士会館

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)の副センター長で、自殺した笹井芳樹氏の遺族の代理人を務める中村和洋弁護士(大阪弁護士会)が12日、大阪市内で記者会見し、笹井氏の妻と兄宛ての遺書に「マスコミなどからの不当なバッシング、理研やラボ(研究室)への責任から疲れ切ってしまった」との内容が書かれていたことを明らかにした。

 笹井氏は新たな万能細胞とされたSTAP細胞の論文を執筆した小保方晴子氏(30)の指導役。

 中村弁護士は、遺族から聞き取った状況を踏まえ「笹井氏は論文への疑惑が指摘された3月ごろから心労や重圧を感じ、6月の理研改革委員会による(再生研の)解体提言で相当強いショックを受けた」との見方を示した。

 家族宛ての遺書は笹井氏の自宅に2通あり、「今までありがとう」との感謝とともに「先立つことについて申し訳ない」などの言葉があった。STAP細胞や小保方氏、理研についての言及はなかったという。

 また、遺族はコメントを発表。「深い悲しみとショックで押しつぶされそうです」「今は絶望しか見えません」と心情をつづり、理研の職員や研究者に対して「一日も早く研究・業務に専念できる環境が戻ることを願うばかりです」と記した。

(金井恒幸、岩崎昂志)

笹井氏遺族のコメントはこちら

社会の新着写真

社会の最新

天気(7月31日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ