社会社会shakai

  • 印刷

 スーパーコンピューター「京(けい)」(神戸市中央区)の後継として神戸で開発する「エクサ級スパコン」について、文部科学省は26日、2015年度予算の概算要求に、詳細設計費として約47億円を盛り込む方針を固めた。

 エクサ級の開発は、京を運営している理化学研究所が主体となり、京と同一建屋で進める。総事業費は約1300億円。14年度予算に基本設計費12億円を初めて計上し、秋以降に基本設計の入札をする予定。詳細設計は17年度まで続け、京の約100倍の性能を持つ世界最速システムを開発し、20年度の運用開始を目指す。

 エクサ級の活用法を検討してきた文科省の有識者会議は今月、重点課題に健康長寿社会の実現など9項目の報告書をまとめた。防災関連では、地震と津波による複合災害の予測システムを構築し、自治体の防災・減災計画づくりに役立てることが期待されている。さまざまな地震シナリオを検証する場合、京でも数年かかる計算を数十日に短縮できるという。

(段 貴則)

社会の新着写真

社会の最新

天気(5月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 16℃
  • 0%

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる