社会社会shakai

  • 印刷
漁港に並んだベニズワイガニ。今年もカニのシーズンが始まった=4日午前6時35分、香住漁港
拡大
漁港に並んだベニズワイガニ。今年もカニのシーズンが始まった=4日午前6時35分、香住漁港

 山陰沖のベニズワイガニ漁が解禁され、兵庫県香美町香住区の香住漁港では4日、今期初めての競りがあった。競り場には、紅色のカニがずらりと並び、港町に秋の訪れを告げた。

 11月に漁が解禁されるマツバガニ(ズワイガニ雄)とは別の種類で、関西では唯一香住漁港で水揚げされる。漁期は来年5月末まで。

 この日は8隻が25トンを水揚げ。競り人の威勢のいい声に合わせて、仲買人たちが次々に競り落としていた。「県べにずわいかにかご漁業協会」の伊藤誠一郎会長は「初日は競り値もまずまず。おいしいカニをぜひ味わってほしい」と話していた。

 地元では「香住ガニ」のブランドで普及を進めており、20日には同漁港で恒例の「香住ガニまつり」を開催。同町は10月6~19日、神戸・三宮、元町のパスタ店など10店で「香美町カニパスタフェスタ」を初めて企画している。同町神戸営業所TEL078・599・5179

(小日向務)

社会の新着写真

社会の最新

天気(5月30日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 18℃
  • 70%

  • 26℃
  • 19℃
  • 80%

  • 25℃
  • 18℃
  • 80%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる