社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
大勢の市民らが姫路城の再生を祝福。上空にはブルーインパルスが舞った=26日午前、姫路市本町(撮影・大山伸一郎)
拡大
大勢の市民らが姫路城の再生を祝福。上空にはブルーインパルスが舞った=26日午前、姫路市本町(撮影・大山伸一郎)
姫路より愛を込めて。上空に描かれたハート形=26日午前、姫路市本町、姫路城三の丸広場(撮影・峰大二郎)
拡大
姫路より愛を込めて。上空に描かれたハート形=26日午前、姫路市本町、姫路城三の丸広場(撮影・峰大二郎)
姫路城の後ろから曲芸飛行「サンライズ」を披露するブルーインパルス=26日午前、姫路城(撮影・風斗雅博)
拡大
姫路城の後ろから曲芸飛行「サンライズ」を披露するブルーインパルス=26日午前、姫路城(撮影・風斗雅博)
上空に描かれた「サクラの花びら」=26日午前、姫路市本町、姫路城三の丸広場(撮影・峰大二郎)
拡大
上空に描かれた「サクラの花びら」=26日午前、姫路市本町、姫路城三の丸広場(撮影・峰大二郎)
記念式典を前にブルーインパルスが上空を飛んだ姫路城=26日午前10時、姫路市本町(撮影・大森 武)
拡大
記念式典を前にブルーインパルスが上空を飛んだ姫路城=26日午前10時、姫路市本町(撮影・大森 武)

 およそ5年半に及ぶ「平成の大修理」を終えた世界文化遺産・国宝姫路城(姫路市)で26日午前、完成記念式典が開かれた。関係者ら約千人が出席したほか、城内や周辺に市民や観光客ら約6万人が詰め掛けた。白鷺に例えられる白亜の姿を取り戻した大天守が抜けるような青空に映え、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」も祝賀飛行を披露した。

 平成の大修理は、「昭和の大修理」から半世紀を経た大天守の化粧直しを目的に、2009年に着工。大天守を鉄骨の素屋根(工事用建屋)で覆い、約7万5千枚の瓦をふき直し、壁や屋根の漆喰も塗り替えた。地震に備えて構造も補強。約24億円をかけ、今年3月5日に完了した。

 三の丸広場での式典には、文化庁の青柳正規長官や井戸敏三・兵庫県知事らが出席。午前10時、上空にブルーインパルスの6機が飛来して美しい航跡を描き、観衆を酔わせた。

 また、「白鳥城」と呼ばれるドイツ・ノイシュバンシュタイン城と姫路城の友好交流協定書調印式もあった。

 27日午前8時からは、5年ぶりに大天守内部を一般公開。当面は大天守への登閣を1日1万5千人に制限し整理券を配る。姫路市姫路城管理事務所TEL079・285・1146(仲井雅史)

社会の最新

天気(12月5日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 20%

  • 18℃
  • 11℃
  • 20%

  • 17℃
  • 8℃
  • 10%

お知らせ