社会社会shakai

  • 印刷

 兵庫県教育委員会は30日、勤務校の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、県内公立中学校の20代男性臨時講師を懲戒免職にした、と発表した。2014年度に懲戒免職となった教職員は6人となり、13年度より2人増えた。

 県教委によると、臨時講師は昨年6月、短文投稿サイト「ツイッター」を通じて連絡してきた中学3年生と待ち合わせし、車の中でキスをしたり、胸を触ったりした。今年2月にも同様の行為をした。生徒の母親が3月、担任に相談し発覚したという。

 県教委は昨年11月、別の教職員によるわいせつ事案などを受け、県立学校や市町教委に対し、特定の生徒と必要以上にメールなどでやり取りしないことなどを求める通知を出している。(紺野大樹)

社会の最新

天気(6月1日)

  • 26℃
  • 19℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 0%

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる