社会社会shakai

  • 印刷

 パン業界を振興・発展させようと国会議員約80人が11日、「パン産業振興議員連盟」を設立した。パン消費は神戸などで多いが、学校給食では週3回程度が米食。議連では、国産小麦の改良を踏まえ、パン給食の回数を増やすよう取り組む。

 衆院議員会館で開いた総会には約100人が参加。中曽根弘文参院議員を会長に選んだ。発起人には石破茂地方創生担当相や渡海紀三朗衆院議員(兵庫10区)らが名を連ねた。

 全日本パン協同組合連合会会長を務めるニシカワ食品(兵庫県加古川市)の西川隆雄社長は「議連を通じて学校給食のパンを守りたい」と話した。(小西博美)

社会の最新

天気(5月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる