社会社会shakai

  • 印刷
今村岳司西宮市長
拡大
今村岳司西宮市長

 兵庫県西宮市の今村岳司市長は15日の定例会見で、市の見解を公表する方法として「今後は記者会見ではなく、ホームページ(HP)に文書を上げる」と述べた。市と住民が対立する借り上げ復興住宅問題など「論議を呼ぶ内容」を対象にするとし、報道機関に対しては「『ウェブに詳しく載っている』と書いていただくのが一番いい」などと主張した。

 市長は今後、会見を拒否することも示唆しており、専門家からは「権力者が自分に都合のいい情報だけを発信することになる」と疑問視する声が上がっている。

 今村市長は「(記者会見しても)市の見解を(報道機関が)そのまま掲載してもらえると思っていないし、住民に正確に伝わるとは考えていない」と発言。今後は「誤解を招きうる内容やいろんな捉え方がされる内容、論議を呼ぶ内容」について、会見ではなく、HPに文書で市の見解を発表していく方針を示した。

 記者から「市が公表したくないことや、市長としての見解を聞く場が必要では」などの意見が出たが、市長は「過不足ない正確な情報を、HPで誰にでも見られるようにする。最も効果的な情報公開だ」と持論を展開。文書内容に「不足があると判断した場合は追加で続報を出す」と述べた。

 記者会見については「不都合があれば記者会見もあり得るが、ウェブに上げたもので不足ないと判断すれば必要ない」と話した。(前川茂之)

社会の最新

天気(8月28日)

  • 32℃
  • 25℃
  • 40%

  • 30℃
  • 21℃
  • 50%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 60%

お知らせ