社会社会shakai

  • 印刷
1年の幸せを願い、手を合わせる初詣客=1日午前0時、神戸市中央区多聞通3、湊川神社(撮影・中西幸大)
拡大
1年の幸せを願い、手を合わせる初詣客=1日午前0時、神戸市中央区多聞通3、湊川神社(撮影・中西幸大)

 新しい年が幕を開けた。兵庫県内の神社や寺は1日未明から、大勢の初詣客でにぎわった。今年のえとは「申(さる)」。災いが去り、昨年に勝る充実した1年に-。参拝客は願いを胸に手を合わせた。

 3日までの人出を前年並みの約105万人と予想する神戸市中央区の湊川神社。午前0時、新年の始まりを告げる「初太鼓」が威勢よく打ち鳴らされると、家族連れらが一斉にさい銭を投げ入れ、かしわ手を打った。

 友人と訪れた神戸市西区の大学生、加納崇之さん(19)は「今年は大人の仲間入りをする年。人見知りを克服して、友人を大切に勉強も恋愛も頑張りたい」と笑顔で話した。

 神戸・阪神間では、三が日で約150万人の人出を見込む生田神社(神戸市中央区)をはじめ、長田神社(同市長田区)や西宮神社(西宮市)なども多くの参拝客でにぎわった。(田中宏樹)

社会の最新

天気(7月31日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ