社会社会shakai

  • 印刷
有本恵子さんの帰国を願い、56回目の誕生日を祝う父明弘さんと母嘉代子さん=12日午後、神戸市長田区(撮影・後藤亮平)
拡大
有本恵子さんの帰国を願い、56回目の誕生日を祝う父明弘さんと母嘉代子さん=12日午後、神戸市長田区(撮影・後藤亮平)

 北朝鮮による拉致被害者、有本恵子さん=失踪当時(23)=が12日、56回目の誕生日を迎えた。父明弘さん(87)と母嘉代子さん(90)が、神戸市長田区の自宅で、恵子さんのためにケーキと手料理を用意。高齢の両親は「いつになったら一緒に祝えるのか。私たちの生存中に帰って来て」と訴えた。

 恵子さんが長年使っていた食卓の席には、誕生日に欠かさず炊いてきた赤飯に加え、ハンバーグやサラダなどの「陰膳」が並んだ。ケーキのろうそくに火をつけ、誕生日を静かに祝った。

 恵子さんはロンドンに留学中だった1983年に行方不明となった。2002年、北朝鮮は、拉致の事実を認めたが、客観的な証拠を示さず、恵子さんが「ガス事故で死亡」と主張した。

 日朝両政府は14年5月、拉致被害者らの再調査で合意。北朝鮮は同7月、特別調査委員会を設けたが、「1年程度」とした調査期間を過ぎても報告は滞ったままだ。今月6日、北朝鮮が「水爆実験」の実施を発表し「拉致解決が遠のく」(嘉代子さん)との懸念も強まっている。

 帰国を待ち望む両親も体調が優れない。嘉代子さんは昨年夏以降、不整脈などが悪化し、たびたび入院。毎年、手作りしてきた誕生日の料理も、今年は恵子さんの姉妹が準備した。医師からペースメーカーの手術を勧められている状態という。

 明弘さんは「安倍首相が拉致問題を一番真剣に考えている」と解決へ期待を寄せる。嘉代子さんも「恵子には、政府が必ず助けてくれるという期待をなくさず、いつか日本に帰れると思って毎日を過ごしてほしい」と娘を思う。その上で「恵子を抱きしめるまで、何とか元気でいさせてほしい、そう祈るだけ」と語った。

(段 貴則)

社会の最新

天気(8月31日)

  • 31℃
  • 25℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

  • 32℃
  • 24℃
  • 10%

  • 32℃
  • 22℃
  • 10%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ