社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
ろうそくの火を囲み、犠牲者に黙とうをささげる参加者=16日午後5時46分、伊丹市昆陽池3、昆陽池公園(撮影・小林良多)
拡大
ろうそくの火を囲み、犠牲者に黙とうをささげる参加者=16日午後5時46分、伊丹市昆陽池3、昆陽池公園(撮影・小林良多)

 「あの日」を伝え続けよう-。兵庫県伊丹市の昆陽池公園で16日夕、阪神・淡路大震災の犠牲者の数と同じ6434本のろうそくがともされ、約500人が静かに手を合わせた。

 ボランティア団体「ユー・アイ・アソシエーション」(赤松弘揮代表)が1996年か続ける追悼行事。

 今年のテーマは「相伝」。21年という時間の輪に2羽の鳥を浮かび上がらせ、「強い意志を持って伝える大切さ」を表現した。

 震災発生時刻12時間前の午後5時46分。参加者は揺らめく明かりを囲んで黙とう。祈りの朝まで、ろうそくを再生しながらともし続けた。(井関 徹)

社会の最新

天気(5月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 16℃
  • 0%

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる