社会社会shakai

  • 印刷
竹灯籠に火をともす松田一彦さん(左)と母信子さん=17日朝、東遊園地(撮影・大森 武)
拡大
竹灯籠に火をともす松田一彦さん(左)と母信子さん=17日朝、東遊園地(撮影・大森 武)

 「震災」を何も知らないから、初めてここで祈った。生徒に何かを伝えたい、と。

 中学校教諭の松田一彦さん(27)=神戸市北区鹿の子台北町=は、母の信子さん(57)=同=と神戸市中央区の東遊園地を訪れた。

 同市灘区に住んでいた信子さんの姉、大城澄子さん=当時(42)=とその夫元達(げんたつ)さん=同(52)=が亡くなった。目の不自由だった祖母田畑キクさんは避難中に転倒し、入院生活の末に83歳で死亡。別の伯母は仮設住宅で独り亡くなった。

 当時、同市長田区上池田に暮らしていた一彦さん。激震で家を飛び出すと、南方のJR新長田駅あたりで炎が上がっていたのを覚えている。

 5年前、同市の中学校教諭になった。震災を生徒に教える立場。一昨年には、震災20年に向けて生徒らと劇を作った。でもあの日、あれから、何があったのか。語る言葉があまりに少ないことを思い知った。そして今年。「初めてやけど行こうと思うねん」。生徒たちに告白した。

 竹灯籠を見つめる。ろうそくの明かりが頼りなく揺れた。「消えた火をまたともして、つないでいく。記憶を伝えるってそういうことなんじゃないかな」。生徒に伝えようと思った。(高田康夫)

社会の最新

天気(6月1日)

  • 26℃
  • 19℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 0%

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる