社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
1月末で閉館 姫路の映画館で「活動写真」上映会
拡大
1月末で閉館 姫路の映画館で「活動写真」上映会

 1月末で閉館する兵庫県姫路市駅前町の映画館「シネ・パレス山陽座」で23日、無声映画に語りと音楽を付けた「活動写真」の上映会があった。同市出身で関西唯一の弁士、井上陽一さん(77)=高砂市=が計3本を語り、消えゆく老舗へはなむけを贈った。

 同館は現存の資料によると、前身の「山陽座」が1932(昭和7)年には開業し、歴史は100年近い。入居する商業ビル「姫路フォーラス」の閉店に伴い閉館する。

 活動写真の上映は閉館企画の一環。1日限定で、午前と午後の2回、計約300人が鑑賞した。午前の部の「血煙高田の馬場」(37年、日活)の上映中、井上さんが体調を崩し、一時中断するハプニングもあったが、全ての作品を語り切った。

 小学生から同館に通ったという加古川市の西野一行さん(72)は「あまりに楽しみで劇場に一番乗りした。生の語りは迫力があった」と感激していた。

 同館では31日まで、日替わりで往年の名作を上映する。シネ・パレス山陽座TEL079・222・6701(山崎史記子)

社会の最新

天気(6月27日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ