社会社会shakai

  • 印刷
太平洋戦争で奇跡的に焼け残ったユニチカ記念館の建物=尼崎市東本町
拡大
太平洋戦争で奇跡的に焼け残ったユニチカ記念館の建物=尼崎市東本町
ユニチカの前身「尼崎紡績」創業からの史料が並ぶ展示室=尼崎市東本町
拡大
ユニチカの前身「尼崎紡績」創業からの史料が並ぶ展示室=尼崎市東本町
広岡信五郎
拡大
広岡信五郎

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」。ヒロインのモデル広岡浅子の夫で、俳優玉木宏さん演じる信五郎(ドラマでは白岡新次郎)=顔写真=が初代社長を務めた繊維会社「ユニチカ」の記念館(兵庫県尼崎市東本町)を訪れる“朝ドラファン”が急増している。開館は水曜日のわずか4時間。特別展示もないのに来館者数は放送前の約9倍に。ファンたちは、経済産業省の「近代化産業遺産」に選定されたれんが造りの洋館内で、当時の様子を想像し、思いをはせている。(石川 翠)

 来館者がカメラやスマートフォンを向けるのは壁面に並ぶ歴代社長の顔写真のうち、左端に掲げられ、白いひげをたくわえて厳粛な表情をした信五郎だ。

 ドラマでは、マイペースの道楽者で、商売の才覚を現していく妻あさを支える夫として描かれているが、自身も実業家としての一面があった。尼崎城廃城に伴い困窮した旧尼崎藩士を助けようと、尼崎と大阪の謡曲仲間が1889年に「尼崎紡績」を立ち上げ、信五郎が初代社長に就任した。

 記念館は1900年に本社事務所として建てられた。風格のある英国式れんが造りの洋館。社名は尼崎紡績、大日本紡績、ニチボー、ユニチカと変遷し、工場の大半は戦災で焼失したが、事務所だけが奇跡的に残った。

 現在は、創業以来の史料や東京五輪で優勝し、「東洋の魔女」と呼ばれた女子バレーボール日本代表ゆかりの品などが保存されている。2階の大展示室には、発起人の顔写真や創立願書なども展示されている。

 朝ドラ放送後の昨年10~12月は671人が訪れ、前年同期(73人)の9倍超に。ツアーの立ち寄り場所になるなど団体客も増え、来館者用の記帳ノートには「朝ドラ楽しく見ています」のメモ書きもある。

 初めて訪れた主婦(60)=大阪府豊中市=は「信五郎さんはドラマの印象とは違った厳粛な雰囲気。世界遺産の富岡製糸場のミニチュア版のような歴史を感じさせる建物に驚いた」と喜んでいた。

 開館は水曜日の午前10時~正午と午後1~3時。無料。同館TEL06・6481・0525

社会の最新

天気(7月28日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 24℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ