社会社会shakai

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 分裂した二つの山口組が拠点を置く兵庫県では、全国情勢と異なり、神戸山口組の構成員・準構成員らが県内全体の72・5%を占めて最大勢力となり、16・9%の山口組を上回った。

 県内では分裂前まで山口組の寡占状態が長く続き、直系9団体があった2014年末は、他の暴力団を含む全構成員・準構成員ら計1640人のうち、9割が山口組だった。分裂後の直系団体数は昨年末時点で神戸山口組が6、山口組が2となり、情勢は一変している。

 県警によると、昨年末の勢力は神戸山口組が1160人(うち構成員数520人)、山口組が270人(同100人)。その他の暴力団は170人(同20人)だった。

 県内全体では計1600人(同640人)となり、1992年の暴力団対策法施行後、最多だった2005年の3260人から半減した。減少は7年連続で、県の暴力団排除条例施行や構成員らの高齢化が要因とみられる。分裂後に脱退した組員もいるという。

 二つの山口組による勢力争いは続いており、県警は「互いの本拠がある兵庫では衝突の危険性があり、引き続き取り締まりと警戒を強化する」としている。

社会の最新

天気(9月27日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 33℃
  • 22℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 30%

  • 32℃
  • 23℃
  • 10%

お知らせ