社会社会shakai

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 計画中の大阪湾岸道路(阪神高速湾岸線)西伸部のうち、六甲アイランド北(神戸市東灘区)-駒栄(同市長田区)の14・5キロについて、2016年度の事業化が確実な見通しとなったことが3日、分かった。総事業費は約5千億円と試算され、兵庫県内のインフラ整備としては最大級と位置づけられている。09年3月に六甲アイランド-駒ケ林南(神戸市長田区)が都市計画決定された後、事業費が巨額になることなどが影響し、事業化が遅れていた。(斉藤正志)

 国土交通省は、16年度の予算化に向けた最終段階である「新規事業採択時評価」の手続きに着手。この中で道路では全国12の事業とともに盛り込まれた。同省近畿地方整備局も3日、神戸市に対し、評価手続きに基づく意見提出を要請した。

 今後は、国交省の諮問機関などで計画内容が審議され、早ければ3月中にも事業採択される見通し。

 同区間は、阪神高速神戸線の慢性的な渋滞緩和や、国道43号の沿道環境の改善、大規模災害時の代替路の確保などを求め、兵庫県や神戸市などが長年にわたり整備を要望。県南部の大動脈である阪神高速の渋滞は物流への影響が大きく、経済界も早期の整備を求めていた。

 当初は駒ケ林南までの整備が想定されていたが、渋滞緩和効果などを加味し、阪神高速神戸山手線への接続を優先する形になった。

 計画では、全線を高架構造の6車線とし、人工島内は主に既存道路の上を、和田岬(同市兵庫区)から西側は護岸沿いを通る予定。阪神高速道路の有料道路事業と国直轄事業を組み合わせ、地元負担の軽くなる手法が検討されている。費用負担の仕組みは決まっていないが、兵庫県や神戸市の地元負担は5分の1程度とされる。枠組みが次第に固まりつつあることも事業化を後押しする要因になったとみられる。

 【大阪湾岸道路】 神戸淡路鳴門自動車道垂水ジャンクション(JCT、神戸市垂水区)と関西国際空港近くのりんくうJCT(大阪府泉佐野市)を結ぶ。総延長約80キロ。1994年に六甲アイランド北ランプ(神戸市東灘区)までが開通したが、同ランプから名谷JCT(同市垂水区)までの西伸部約21キロが未整備だった。阪神臨海部は既存道路の渋滞が全国有数とされ、西伸部は迂回(うかい)ルートになると期待されている。

社会の最新

天気(5月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる