社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
各国の言葉で「ありがとう」が映し出された姫路城大天守=7日夜、姫路市本町(撮影・山崎 竜)
拡大
各国の言葉で「ありがとう」が映し出された姫路城大天守=7日夜、姫路市本町(撮影・山崎 竜)

 世界文化遺産・国宝姫路城のグランドオープンから間もなく1年。大天守の壁面に7日夜、20の言語の「ありがとう」の文字が浮かび上がった。

 姫路城は約5年半に及ぶ「平成の大修理」を終え、昨年3月27日に再オープン。漆喰(しっくい)の白さを取り戻した城を一目見ようと、国内外から観光客が殺到した。

 年間入城者数は昨年12月、222万人を突破し、熊本城(熊本市)を抜き国内城郭で過去最多を記録。今年2月末で262万人を超えた。世界に向けて感謝のメッセージを発信しようと企画された。

 メッセージ映像は約2分間。スクリーンに見立てた大天守南側に、プロジェクションマッピングで「ありがとう」「Thank you」の文字が浮かび上がる。“白鷺城”ゆかりの真っ白なサギソウがはじけ、「Merci(フランス語)」「Gracias(スペイン語)」と計20の言語の「ありがとう」が映し出された。

 9日まで。午後6時半ごろから同10時まで、約2分間隔で投影される。(三島大一郎)

社会の最新

天気(5月30日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 18℃
  • 70%

  • 26℃
  • 19℃
  • 80%

  • 25℃
  • 18℃
  • 80%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる