社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
突然の降雪で、除雪作業に追われる六甲ガーデンテラスのスタッフ=14日午後、神戸市灘区六甲山町(撮影・大山伸一郎)
拡大
突然の降雪で、除雪作業に追われる六甲ガーデンテラスのスタッフ=14日午後、神戸市灘区六甲山町(撮影・大山伸一郎)

 兵庫県内に北から冷たい空気が流れ込んだ14日、神戸市の六甲山では未明から雪が降り、3月中旬としては珍しい大雪となった。

 六甲ガーデンテラスは一面雪景色となり、展望台「六甲枝垂(しだ)れ」などの施設周辺で、スタッフが除雪作業に追われた。

 暖冬で、ゲレンデの整備に苦労した六甲山スノーパークも銀世界に。今季の営業は21日までで、従業員は「この雪でスキー、スノボに行きたいと思う人が最後に増えてほしい」と期待を寄せた。

 神戸地方気象台によると、県内の天気は15日には回復。今週後半にかけて、昼間は春の暖かさになるという。(武藤邦生)

社会の最新

天気(5月26日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる