社会社会shakai

  • 印刷

 カジノ解禁に向けた統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が衆院を通過したことについて、兵庫県の井戸敏三知事は6日の定例会見で「ギャンブル依存症やマネーロンダリング(資金洗浄)などの懸念事項に回答が全然ない。国民が疑問に思っていることへの対応を明確にせずに、法案を成立させるのはいかがだろうか」と疑問を呈した。

 同法案は同日の衆院本会議で、自民党と日本維新の会などの賛成で可決。今国会での成立が見込まれている。

 井戸知事は、衆院内閣委員会で強行採決されたことに「なぜ期限がある訳でもないのに急がないといけないのか」と指摘。「IRはカジノがないと成立しない訳ではない。なぜカジノがないといけないのか、十分な説明がなされているとは思えない」と強調した。

 井戸知事はカジノ解禁について、構想段階から一貫して反対姿勢を示している。

(斉藤正志)

社会の最新
もっと見る

天気(1月21日)

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

  • 5℃
  • 1℃
  • 90%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

  • 8℃
  • 2℃
  • 50%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ