生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のデザインをあしらった500系山陽新幹線こだま号=7日午前、JR博多駅
拡大
 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のデザインをあしらった500系山陽新幹線こだま号=7日午前、JR博多駅

 JR西日本は7日、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のデザインをあしらった500系山陽新幹線こだま号の運行を始めた。博多駅(福岡市)のホームにはアニメの登場人物に仮装したファンらが詰め掛け、午前6時36分に出発した。

 8両編成で、アニメの庵野秀明監督が監修。主人公が乗る「初号機」をイメージし、外観は紫を基調に黄緑や白を配色した。横浜市のフリーター伊藤裕介さん(28)は「初号機に乗れるので、心臓がバクバク。昨夜は眠れなかった」と興奮した様子で車内に乗り込んだ。

 JR西日本の堀坂明弘営業本部長は出発式で「新しい列車の旅を楽しんでほしい」と呼び掛けた。

生活の最新

天気(5月30日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 18℃
  • 70%

  • 26℃
  • 19℃
  • 80%

  • 25℃
  • 18℃
  • 80%

お知らせ


チェックした記事

チェックした記事 チェックした記事

記事選択ボタン

記事選択ボタン

記事選択ボタン

閉じる

  • ログイン
  • 新規申込
  • 紙面を見る
  • 全ての地域版
  • 記事データベース
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ヘルプ

閉じる