連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

元兵庫県議・野々村被告裁判

  • 印刷
閉廷後、神戸地裁を出る野々村竜太郎被告を乗せたとみられる車=26日午後、神戸市中央区橘通2
拡大
閉廷後、神戸地裁を出る野々村竜太郎被告を乗せたとみられる車=26日午後、神戸市中央区橘通2

 政務活動費の不自然な支出をめぐる事件で、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)について、神戸地裁は26日、同被告の身柄を3月25日まで2カ月間、勾留することを決めた。同地裁への取材で分かった。

 野々村被告は、神戸地裁が強制出廷させるために進めた勾引の手続きにより、25日に身柄を拘束された。刑事訴訟法によると、勾引された被告人は通常、裁判所に移送された時点から24時間以内に釈放されるが、同地裁は今後の公判への影響を考慮し、一定期間の勾留が必要と判断したとみられる。

 同被告は26日の初公判で起訴内容を否認し、検察側や弁護側の質問に「記憶がありません」などと繰り返していた。

2016/1/26

天気(7月30日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ