日々小論

  • 印刷

 本棚のスクラップ帳から、コラムニストの天野祐吉さんの文章を紹介したい。「ぼくらのふつう感覚は、かなりおかしくなっている」。東日本大震災からしばらく後のものだ。

 例えば、「国民の1%が大金持ちで99%が貧乏人だという世の中なんて、だれが考えてもふつうじゃない」。もう一つ、「こんなせまい国に54基の原発がひしめいているなんて、どう考えたってふつうじゃない」。

 そして、これらについて「ついふつうのように思い込まされてしまうふつう感覚って、かなりおかしいんじゃないだろうか」。落ち着いて考えると変だと思うことが、常識のようにまかり通っている。天野さんは大上段に「常識を疑え」などとは言わず、「ふつう感覚がおかしいよ」と語りかけた。

 この米国人は、もっとド直球のメッセージを投げ込んだ。権力者に牙をむき、戦争に反対し、犯罪と麻薬を憎む。怒りと嘆き、哀(かな)しみを文章に盛り込む。ただ、通底するのは「みんな、ふつう感覚がおかしいよ」だと愛読者の一人として思う。

 先月、作家でジャーナリストのピート・ハミル氏の訃報が届いた。初めてその文章を読んだのは、1980年代のことだ。優れたベトナム戦争に関する本もあるけれど、当時の文章には強く同時代性を感じた。

 レーガン大統領に始まる共和党政権の時代。ハミル氏は社会の空気を「もっと金を、もっと権力を」と表現する。象徴的人物として切り込むのは、若き不動産王「T氏」。出版した自伝が一大ブームを呼んだ。まさか大統領になってしまうとは。

 今の「ぼくらの社会」はどうだろう。だれが考えても、どう考えたって、ふつうじゃないことに思い当たりませんか。

日々小論の最新
もっと見る

天気(10月26日)

  • 20℃
  • 11℃
  • 0%

  • 21℃
  • 8℃
  • 10%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ