日々小論

  • 印刷

 出版社に尋ねると、文庫は目下30万部という。なるほど書店の最前列で積まれている。図書館の予約数もとても多い。

 柳美里(ゆうみり)さんの小説「JR上野駅公園口」である。

 ホームレスとなった福島出身の男性が主人公だ。東京五輪、出稼ぎ、東日本大震災。光と闇を織り込んで物語は進む。

 豊かさの足元に沈む悲しみ。行き交う笑みの傍らでうずくまる寂しさ。読後感は重い。

 奥付を見れば、出版は単行本が7年前、文庫本は4年前。国内で話題になった記憶はないし、文芸賞とも縁はなかった。

 ところが昨秋、思わぬところから風が吹いた。米国でもっとも権威のある文学賞の一つ、全米図書賞の翻訳文学部門に選ばれたのだ。追い風でベストセラー街道を走る。

 あの時もそうだった。

 黒沢明監督の映画「羅生門」である。公開は1950年だ。きこりを演じた志村喬(たかし)さんが、本紙の「わが心の自叙伝」で思い出を書いていた。

 国内では賛否半ばだった。たまたまイタリアの映画関係者の目にとまり、ベネチア国際映画祭への出品を強く勧められた。すると翌年、グランプリ。

 祝賀会で監督は、こんな趣旨のあいさつをしたそうだ。

 認められてうれしい。でも日本映画を日本人は低く見ていないか。外国の映画祭へ出してくれたのも外国人-と。

 海の向こうの拍手でやっと評価される。監督の複雑な気分は分かるが、いつの時代も日本人が見落とす日本の宝物はある。それを気づかせてくれる。

 文化、モノづくり、学術…。分野が何であれ、海の向こうからの拍手で上がる幕もある。耳を澄ましてごらんという戒め、ススメと受け止める。

日々小論の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ