日々小論

  • 印刷

 テレワークで在宅勤務をしているとき、よくチャンネルを合わせるテレビ番組がワイドショーである。一つに、気になる新規感染者数の速報などをチェックするためだ。

 コロナ禍で広がるテレワークは、孤独感などの短所も指摘される。情報収集を兼ね、BGM的にテレビをつけ続けている人は少なくないのではないか。

 各テレビ局が朝や昼の番組で手厚く報じているのが、やはりコロナ情報だ。ソフトな語り口の専門家に、パネルを多用した解説、人気タレントを交えたトーク…。お茶の間の共感を得るためのそれぞれの戦略に、生き残りをかけた熾烈(しれつ)な競争がうかがえる。

 ワイドショーを見ていて、違和感を覚えることもある。番組にもよるが、声の大きな出演者の意見に、司会者を含めて同調したり黙認したりする場面が目につく点だ。例えば、ある識者が個人の自由を制限する必要性を訴えたときのことである。賛否が割れて当然のテーマにもかかわらず、異論らしい異論も出ないまま、次の話題に移ったのには引っかかりを感じた。

 一昨年には生放送の報道番組で、人権の配慮を欠くVTRを流した局側に対し、コメンテーターが激怒したことがあった。ワイドショーに求めるものは人それぞれだろうが、誰もが多大な影響を受けるコロナの話題である。どんな立場であれ、過剰に忖度(そんたく)したり同調圧力に屈したりせず、健全な議論につなげてほしい。自戒を込めそう思う。

 当初きょうまでだった緊急事態宣言は延長される。「第4波」で牙をむく変異株は正直言って恐ろしい。悲しみや痛みがこれ以上広がることのないように、テレビのリモコンを手放せない日が続きそうだ。

日々小論の最新
もっと見る

天気(6月14日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ