日々小論

  • 印刷

 「いつも読んでるよ。ひびこごと」。後輩思いの、口の悪い先輩によく言われる。そのたびに「日々小言、ではなく、日々小論です」と返す。

 本日は、国会議員の「文書通信交通滞在費(文通費)」を取り上げる。「小言」と言われることのないよう論じたい。

 文通費は毎月、国会議員個人に100万円が支給される。その名の通り、書類の発送や通信などに使われることを前提としている。しかし、何に使ったのか、報告義務はなく、残ったお金を返還する必要はない。まことに使い勝手がよく、「第2の給与」と呼ばれる。原資は税金なのに、腹立たしい限りだ。

 地方議員にも「第2の給与」があった。「政務活動費(政活費)」である。今も支給されているところが多いが、使い道についてすべての領収書をネット上で公開するなど、有権者がチェックできるようになった。

 きっかけは、各地の議会で不正な使われ方が次々明らかになったことだ。飲食費に遊興費、旅行の費用、政治家のパーティー券購入…。使い放題の実態があらわになり、返還を求める住民監査請求の動きが広がった。

 詐欺の罪に問われた神戸市議会の元市議が、公判で「第2の給料のような感覚だった」と証言したのをご記憶の読者も多いだろう。「いや、国会議員は地方議員と違って、法律に基づき良心的に使っているはず」と思う有権者がいるだろうか。

 今国会では、法律を改正し、使途の公開や残ったお金の返還を盛り込むことで、野党の足並みがそろいつつある。残念ながら、与党は後ろ向きだけれど。

 地方議会では政活費を廃止し、使った分だけ議員が議会に経費請求するところもある。至極当たり前の仕組みだと思う。

日々小論の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ