日曜小論

  • 印刷

 「やっていない罪を認めるわけがない、と思いますか。勾留されて取り調べを受けてごらんなさい。あなたもいちころですよ」

 ある冤罪(えんざい)事件をめぐる集会で、虚偽自白を研究する心理学者に言われた。

 一人にされて厳しく追及されるうち、早く逃れたいと思う。そして心がささやく。もういいよ、楽になろう、と。

 それでも、証拠や証言の中には「真実」を示すものがある。しかし、なかったことにされたり、ゆがめられたり。いずれにせよ、真実が明らかになる機会は奪われる。

 数々の冤罪事件が雄弁に、そのことを物語る。

 熊本で起きた「松橋(まつばせ)事件」がそうだ。法廷で無実を訴えながら、殺人罪で服役した宮田浩喜さん(84)の請求を受け、熊本地裁は昨年6月、再審開始を認める決定をした。捜査段階の自白の信用性を揺るがす新証拠が、検察の保管物の中から出てきたのだ。偶然、弁護側が見つけた。

 地裁の決定に対し、検察側が即時抗告、つまり異議を申し立てたため、審理の場は福岡高裁に移った。先月、高裁は「宮田さんは犯人でない疑いがある」との判断を示し、裁判のやり直しを認めた。

 当然の結果だろう。検察はこれまでの主張を繰り返すばかりで、有効な反論をしていない。何のための即時抗告だったのか、理解に苦しむ。

 これが検察の言う「社会正義」なのか。この間に宮田さんは認知症が進み、一緒に再審請求した長男は病死してしまった。そもそも新証拠を含むすべてが最初から開示されていれば、服役することもなかったはずだ。

 静岡地裁が再審開始を決定した袴田事件の袴田巌(いわお)さん、鹿児島の大崎事件の原口アヤ子さんについても同じことが言える。ともに高齢で、体調の悪化が心配される。

 すみやかに裁判をやり直すべきだ。検察はそこで主張を展開すればいい。それが「社会正義」にかなう形だ。

日曜小論の最新

天気(12月18日)

  • 8℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • -3℃
  • 20%

  • 8℃
  • 2℃
  • 0%

  • 9℃
  • 0℃
  • 10%

お知らせ