正平調

時計2015/07/17

  • 印刷

大正生まれの俳人、金子兜太(とうた)さんは長く、日銀に勤務した。戦後、組合運動に力を入れ、福島、神戸や長崎の支店を転々とする◆戦中、トラック諸島に出征した。捕虜生活を経て島を離れるとき、米軍の爆撃ではげ上がった山が仲間の墓標に見えた。「非業の死者に報いたいと思いました。その気持ちは戦後、そしていまもなおずっと尾を引いています」。そんな回想を読む◆その金子さんが黒々と力強く書いた字が先日、紙面に載った。「アベ政治を許さない」。作家の澤地久枝さんらは、この字をネットやコピーで各地に広げ、18日午後1時に一斉に掲げる運動を呼びかける◆一昨日、金子さんの字を一足早く掲げる人たちの姿があった。衆院の委員会室で、国会周辺で、大阪で神戸で、全国の各地で。安保関連法案の強行採決に抗議の声を上げる人たちだ◆「国の指導者が、憲法を無視してやりたい放題やっている。法案うんぬんより、その姿が戦前を思い出させる」「民主主義も法治国家も、みんな張りぼてだったのか。戦後70年、振り出しに戻った」。JR大阪駅前で92歳と93歳の男性が言った。戦友同士、金子さんの字を手に◆「牛蛙(うしがえる)ぐわぐわ鳴くよぐわぐわ」(金子兜太)。許さない、振り出しに戻ったぞ、ぐわぐわ。微力だが無力ではない、ちまたの声である。2015・7・17

正平調の最新

天気(7月28日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ