正平調

時計2017/05/12

  • 印刷

試合を8ミリで撮影するよう命じられた控え選手は、あまりの展開に途中でカメラをほっぽり出したらしい。映像にはコンクリートしか写っていなかった◆1968年6月、ラグビー日本代表が遠征先ニュージーランドの若手強豪チームを破った一戦である。ジャパンを率いた名将、大西鉄之祐(てつのすけ)さんが「ラグビー 荒ぶる魂」(岩波新書)で振り返っている◆日本ラグビー史にいまもさんぜんと輝く大金星に、世界はあっと驚いた。控えの彼の、われを忘れての興奮たるや、どれほどだったか。カメラより肉眼で見たかったんだ、それでよかった、と大西さんも優しい◆一昨日、2019年ワールドカップ日本大会の組み合わせ抽選会があった。テレビの前で歓喜に酔った前回大会を思い出した人もいるだろう。強敵・南アフリカを逆転劇で下し、ラグビー新時代の扉をこじ開けた9月19日は、大西さんの命日でもあった◆同じA組となったスコットランドには、28年前に一度だけ、日本が歴史的な勝利をあげている。時の主将は神戸製鋼の平尾誠二さん。日本大会の実現に骨を折ったが、見届けることなく昨年亡くなってしまった◆神戸も試合会場のひとつである。不思議な巡り合わせを感じながら、2年後の熱狂を楽しみに待ちたい。2017・5・12

正平調の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ