正平調

時計2017/05/16

  • 印刷

ポルトガルにコインブラという古都がある。18世紀に建てられた、ここの大学図書館にはコウモリが棲(す)むらしい。館内に、である◆昼間はひっそりと姿を隠し、閉館時間が過ぎたら飛び回る。何のために? 蔵書を食い荒らす害虫を退治してくれるのだと「世界の夢の図書館」(エクスナレッジ社発行)で知った◆いま、日本の図書館で本を食い破るのは、虫ではなくて人間だというから、司書さんのみならず、本好きならだれしも悲憤を抑えられない。書物の一部が切り取られたり、破られたりする事件が相次いでいる◆岐阜、愛知、秋田…と数えたら、被害は優に10県を超えていた。学校史などから生徒の写真を切り抜かれる例が多いようだが、さて何のためか。えたいの知れない悪意が本棚の周りを行き来しているようで怖い◆「世界の夢の図書館」は近所の図書館で借りてきた。バロック建築の傑作、豪華な宮殿風…と美しい建物の写真に見ほれながら、いやいや、休日は子どもらでにぎわうわが町のそれだって味わい深い、そう思う◆コウモリは「川守(かわもり)」が転じたとの一説を辞書に見つけた。書棚の通路を川にみたて、みながときどきコウモリの“目”になる。それだけでも、本を食い荒らす悪い虫の退治に効果はあるだろう。2017・5・16

正平調の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ