正平調

時計2018/07/02

  • 印刷

「誰のせいで… 何のせいで…」。尼崎のアスベスト(石綿)工場で働き、中皮腫を患う男性が死の床で思う。石綿まみれの作業服を洗濯した妻は肺がんで先立っていた◆神戸大と京都精華大制作のマンガ「石の綿」。取材に裏付けられた描写の臨場感に圧倒される。初版から6年たって、改訂新版(神戸大学出版会)が出た◆深刻な住民被害が発覚した「クボタショック」、国の不作為を追及した大阪泉南国賠訴訟、大震災の石綿禍…。複雑な問題の実像が、見る側の胸に染みこむ◆マンガならではの情報伝達力や訴求力を生かして社会問題を表現する。監修した京都精華大教授竹宮惠子さんはこれを「機能マンガ」と名付けた。クライアントの注文に応じて制作する「実用マンガ」に対し、機能マンガは扱いにくい題材を取り上げる新領域だという◆感情的な表現やオーバーアクションは抑え、事実と想像力で本質を見つめる。石綿を吸い込んで十数年から50年たって発症する呼吸器の疾患。問題を見えにくくする時間の壁を、マンガは飛び越える◆適切に規制されなかった過去の経緯と、増え続ける被害が結びつく。クボタショックから先月で13年。家族の会のメンバーが語った。「終わっていないことを決して忘れてはならない」2018・7・2

正平調の最新
もっと見る

天気(6月27日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 22℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

お知らせ