正平調

時計2019/03/01

  • 印刷

ベトナム・ハノイでの米朝首脳会談が終わった。和やかなムードに見えていたのが一転、どうも雲行きが怪しいと伝わり始めたのはきのう、日本時間午後3時をすぎたあたりである◆北朝鮮の非核化をめぐっては合意に至らず、進展はなし。金正恩(キムジョンウン)氏への“アメ”として、トランプ米大統領の手元でちらちら見え隠れした「制裁緩和」「朝鮮戦争の終戦宣言」といったカードも切られなかった◆ちゃっかり実利を得たのは開催国ベトナムかもしれない。昔の怨敵・米国との友好ぶりを演出し、北の大国・中国をけん制した。町では、「ロケットマン」と書かれた“金正恩Tシャツ”が売れに売れたという◆何とも商魂たくましいが、ちょっと似た話を評論家の森本哲郎さんがしていた。かの国のレストランを訪れたときのこと、玄関には何と、米国の独立記念日に合わせた特別ディナーの看板が立ててあったそうだ◆「ベトナム人が、何でアメリカの独立記念を祝うのか、信じられなかった」(共著「日本・日本語・日本人」より)。大国による介入を繰り返し受けながらも、したたかに生きてきた不屈のベトナム人民を思う◆タフな国を舞台にした米朝交渉は、いったん幕を閉じた。どちらがしたたかで、追い込まれたのはどちらか。2019・3・1

正平調の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 34℃
  • 16℃
  • 20%

  • 31℃
  • 20℃
  • 10%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ