正平調

時計2019/03/14

  • 印刷

居合わせた誰かのつぶやき。これは「飛ぶ」でなく「落ちる」だと。札幌・大倉山ジャンプ競技場のてっぺんでのことだ。なるほど、下はまるで崖◆資料にはスタート地点から着地点までの高低差133・6メートルとある。神戸ポートタワーが108メートルだから、さらに高い。そこから滑り、一気に空中へ身を投げ出す。これほど勇気を問うスポーツはない◆大倉山など各国の会場を巡るスキージャンプのワールドカップで、小林陵侑(りょうゆう)選手が個人総合優勝を成し遂げた。本場・欧州勢以外で初という。昨季まで表彰台と無縁だった若者が頂点に上りつめたのだから驚いた◆往年の名選手、笠谷幸生さんの小林評が印象に残る。「もう少し前のめりになると頭から墜落する」。彼はその「ギリギリを攻めている」。墜落-大けが。そんな悪夢を追っ払い、心にムチを当てての優勝だ◆スピードスケートの短距離王者小平奈緒さんがこんな話をしていた。「日々、自分を超えていきたい」。なぜなら「小さな変化が、いつか大きな変化につながっていくのだから」。誠実な彼女らしいひと言である◆22歳の王者と重ねる。なかなか結果の出ない自分を超えていく。体を鍛え心を磨き、何度も飛ぶうち、ある日劇的な変化が。そんな軌跡かと想像する。2019・3・14

正平調の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ