正平調

時計2019/07/23

  • 印刷

にぎやかな宴(うたげ)の後は、いつも寂しい気持ちになる。芭蕉は鵜(う)飼いの光景を見て詠んだ。〈おもしろうてやがて悲しき鵜舟(うぶね)かな〉。川に潜って懸命にアユを捕らえる鵜に喝采を送りつつ、そのけなげさが胸にしみたのかもしれない◆にぎやかに客を笑わせてナンボのはずが、神妙に頭を下げたり、涙ながらに経緯を話したり。人気商売を請け負う人たちに「おもしろうて」の顔はもうどこにも見えず、「やがて悲しき」の痛々しさだけが募る◆「会見したら、全員クビにするからな」。吉本興業の社長にそう“どう喝”されたという。お笑い芸人の宮迫博之さんと田村亮さんが、詐欺グループから金銭を受け取っていたことを謝罪する会見の場で述べた◆世間に早く謝りたいと直訴したときのことらしい。「お金はもらってない」と宮迫さんらが初めについたウソが騒動を大きくしたのは間違いないとしても、衝撃の告白が世論の風向きを変えたことも確かである◆社長が一連の発言を認めた。場を和ませるためだったとも、身内の感覚で言ったとも語ったが、結構ズレている。普通の会社ではそれを「パワハラ」という。ほかにもツッコミどころの絶えない社長会見だった◆これでは芭蕉翁でなくても詠むだろう。やがて悲しき吉本興業。2019・7・23

正平調の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ