正平調

時計2019/09/01

  • 印刷

忘れられない映像である。井戸水を告げる張り紙に「水、持ってって」の声が重なる。そして「人を救うのは人しかいない」「公共広告機構」の字◆阪神・淡路大震災の直後だった。被災地を励ますシリーズで、繰り返しテレビで流れた。たとえ飲めなくても、あのころの井戸水はありがたかったなあ。思わず自分の体験を振り返った人もいるだろう◆同じころ、井戸が被災地の病院を救ったという記事を紙面で読んだ。地震で断水してしまったのだが、敷地にある井戸の水で患者の衣類やタオルを洗い、水洗トイレに使った。地下の水はかけがえのない力だった◆前院長は関東大震災や第2次大戦をくぐり抜けていた。きれいな水が欠かせないと痛感したので病院内に掘ったそうだ。「行政ばかりに頼らず、個人でできることは個人で備える」。備えは無駄ではなかった◆大震災から10年ほど後、加古川市の大規模マンションが防災用の井戸を自力で掘った。被災地への救援で水の大切さ、確保の難しさを知り、みんなで話し合ったのだという。学んで実行する。敬服の清い水である◆きょうは防災の日だ。井戸への関心は薄れてないか。みなさんの近くに災害用の井戸はあるか。準備は怠りないか。足元を見つめておきたい日である。2019・9・1

正平調の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 70%

  • 20℃
  • 16℃
  • 70%

  • 24℃
  • 16℃
  • 70%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ