正平調

時計2019/09/04

  • 印刷

お好み焼き、たこ焼き、串カツ、ホルモン、かすうどん…。どれもおいしい。イラン生まれの大阪育ち、作家の西加奈子さんが“大阪すぎる”食べ物を挙げていた。異論は少なかろう◆だけど、と著書「ごはんぐるり」に打ち明けている。あまりにも「ベタベタやんけ」の感じが強すぎて、どことなく恥ずかしい。ほんまは大好きやのに口にはしにくい、と。なにわ人の心は案外、複雑とみえる◆大阪メトロの駅改装案が「悪趣味」などの批判を受けて、大きく変更されたという。当初案を見ると、天井を色鮮やかな織物文様で覆ったり、「ごめんやす」「かんにん」の文字があったりと確かに奇抜である◆これは大阪すぎる。そう歓迎されるのかと思いきや、派手やったらええいうもんとちがう、ということらしい。批判に配慮し、最終的には歴史ある大阪地下鉄の駅の雰囲気を残したシックなしつらえにするとか◆作家の開高健さんがずいぶん前に書いている。「戦後の大阪は“大阪”でなくなって東京とまったくおなじになってしまった」。大阪にしてそうならば、ほかの都市だってたいていは“ミニ東京”と言っていい◆そこに暮らす人と、たまに訪ねる人とでも町から受ける印象は異なろう。シックでええやん、となるかな?2019・9・4

正平調の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ