正平調

時計2019/09/18

  • 印刷

ラジオの子ども向け電話相談に寄せられた質問という。「ヘビはどこからがシッポなの?」(小学1年)。または「シマウマの模様は白地に黒なのか、黒地に白なのか?」(中学1年)◆番組に出演していた昆虫学者、矢島稔さんが随筆に書いている。「いずれも大問題である」と。確かに素朴な問いのようでいて、そう簡単には答えられない。子どもとは、愉快な難問をつくる天才かもしれない◆ユーモアあふれる科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の記事を読むたび、「答え」よりもその「問題」に感心してしまう。今年は明海大教授の渡部茂さんらが受賞した。投げかけた疑問は「子どもは1日にどれだけよだれが出るの?」である◆どうしてまた? と思ったら、渡部さんは歯科医でもあるという。虫歯を防ぐ唾液に注目するうち、この難題に行き当たったらしい。5歳児30人に協力してもらい、「1日500ミリリットル」との推計値を導き出した◆日本人の受賞は13年連続である。「バナナの皮って本当に滑りやすいの?」「鳥を寄せ付けない銅像ってある?」「聴覚障害者にわさびのにおいで火災を知らせられるかな」。どれも身近に想を得た難問だろう◆ユーモアと科学。混ぜ合わせたらあら不思議、とても仲がいい。2019・9・18

正平調の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 80%

  • 23℃
  • 10℃
  • 90%

  • 23℃
  • 12℃
  • 80%

  • 21℃
  • 11℃
  • 80%

お知らせ